スポンサードリンク



消費者金融でブラック

消費者金融でブラックと呼ぶ場合は、ブラックリストに掲載されるということを指しています。ブラックリストというと、全ての金融業者に情報がまわって、どこに行ってももうお金を借りることができないという印象がありますが、本当のところはどうなのでしょうか?

異動情報と呼ばれるものがあり、これがすなわちブラック、もしくはブラックリストのことを言います。日本の個人信用情報機関では債務不履行や延滞になった債権の情報について「異動情報」と呼び、消費者金融の融資において、重要な判断基準となるのです。この異動情報に載っていた場合は、数年間融資が受けられないというペナルティを課している消費者金融がほとんどです。

どのくらい支払いが遅れると延滞扱いになるでしょうか? 本来の支払い予定日から「3ヶ月間支払いが遅れた時点」で延滞扱いとなり、異動情報が個人信用情報機関に登録されます。延滞後に支払いをしてて完済することを 「延滞解消」 と言います。延滞解消後も延滞後に完済したという事実が1年間記録として残ります。そして、延滞情報は登録されてから「最低5年間は参考情報として残り」ますので、延滞解消になっていても参考情報が消えない限り延滞と同じ扱いを受け審査は通りません。

消費者金融では、延滞情報が登録されている申込み者は、どのような事情があっても審査は通さないという社内規定を設けているところがほとんどです。大手から、準大手、中堅にいたるまでどこも同じような規定になっています。同居家族の中に延滞者がいた場合は消費者金融の審査が通らなくなる可能性が極めて高いです。


RSS関連リンク
消費者金融ブラックOK
消費者金融情報配信中 消費者金融比較、消費者金融ブラック、消費者金融審査甘い業者、消費者金融情報、消費者金融金利、消費者金融キャッシング、消費者金融相談、消費者金融系、消費者金融ブラックok、無利息消費者金融、消費者金融過払いについて等々、消費者金融に関する

者 金融 ブラックになったら・・・【消費
消費者 金融でブラックになってしまったら・・・脱出の方法はあるのでしょうか。消費者 金融 ブラックについて

消費者 金融 ブラックのための便利集
消費者 金融 ブラックのための便利集はブラックのため不自由している人に 消費者金融を有利に使える方法を検索しています。
■ ダイヤリーの形式で綴る注目すべき記事 のトップへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。