スポンサードリンク



任意整理とは

任意整理とは、債務整理の方法の一つです。借金の返済が不可能と判断される場合、借金の減額、返済条件の緩和(述べ払いなど)の任意整理とするか、自己破産をする方法があります。任意整理の場合、一定の収入があり、利息制限法に基づいて債務額を確定して、債務者の収入の中から3年〜5年で返済できるかどうかが一つの目安となります。これは、裁判所を通さず弁護士や司法書士を介して行います。

任意整理のメリットは、裁判手続ではないので、裁判手続きにかかる時間や費用がかかりません、官報に記載されることもありません。また、弁護士や司法書士を介した場合、債権者に受任通知書を送りますので、債務者への取立ては止まります。また、金利の高い債権者にだけを指定して任意整理の手続きを行うことができます。月々の返済額の負担を軽減することができます。任意整理のデメリットは、任意整理に応じない債権者がいる等、和解交渉がスムーズに進まないことがあります。任意整理は、裁判手続である破産・免責手続、個人民事再生手続のように、借金の全額もしくは一部を免除されるわけではありません。つまり、利息制限法に基づく引き直しの範囲でしか、借金を減額することができないため、裁判手続による債務整理より減額率が低くなります。

さて、グレーゾーン金利ってよく聞きますね。利息制限法では消費者金融や商工ローンを含む金融機関の貸付金利の上限を、貸し出し額に応じて年率15%〜20%に制限しています。しかし、実際に多くの消費者金融会社が採用している金利は、最高29.2%です。これは、出資法に定められている上限金利です。実は、利息制限法には罰則規定がなく、出資法には、厳しい罰則規定があり、刑罰を免れることができる利息制限法の上限金利年率15%〜20%を超えて、出資法の上限金利である年率29.2%を超えない範囲の金利が、いわゆる「グレーゾーン金利」と呼ばれるものです。本来、このグレーゾーン金利は支払う必要がありません。しかしながら、国民生活センターの調査によると、多重債務者の95%がこの事実を知らず、大半は利息制限法を超えるグレーゾーン金利で払い続けていた、と言われています。この本来払う必要のなかった金利を返してもらう手続きが任意整理なんです。

任意整理をしようと思います。そのときの手続きに必要なものは何でしょう。 まず、相談のときに持参すると便利なものは、次のとおりです。1)借金している貸金業者の名称と所在地の一覧 2)貸金業者と交わした借用契約書 3)貸金業者からの督促状・催促状 3)借金を払ったときの領収書・振込み書など。また、次のことをあらかじめ整理しておきましょう。1)借金をした時期、借金の総額、借金の利率 2)これまでの返済総額 3)借金をした経緯 4)現在の収入総額 5)自己所有の財産明細 6)借金支払の見通し 7)支援する親族の有無 以上の項目をきちんと押さえて相談するととてもスムーズに進みます。


RSS関連リンク
任意整理は司法書士に!任意整理
任意整理は、債務整理の中でもメリットが多い借金返済方法です。大阪、福岡、名古屋、広島、東京などの任意整理を相談出来る司法書士・弁護士事務所の紹介など、任意整理の情報をお知らせします。

任意整理は司法書士 任意整理は弁護
任意整理 費用や借金,デメリットなどは司法書士や弁護士に相談しましょう。多重債務に陥る前に債務整理しておきましょう。大阪 福岡 横浜 神奈川 札幌 北海道 新宿 渋谷 豊島 区 東京 新潟 仙台 埼玉 神戸(兵庫 県) 千葉 名古屋(愛知 県)などの任意整理に応じている司法書士や弁護士

任意整理で債務整理
と言えるでしょう。任意整理をはじめとする債務整理のプロたちに相談すれば適切なアドバイスによって、あなたの悩みは解決するはずです。当ブログでは、任意整理をはじめとする債務整理についての解説や弁護士の紹介などを掲載していきます。また任意整理後の事、例えばクレジット
■ ダイヤリーの形式で綴る注目すべき記事 のトップへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。