スポンサードリンク



スイフトスポーツは

スイフトスポーツは、日本の自動車メーカーであるスズキが販売するハッチバック型自動車「スイフト」のスポーティバージョンのこと。約70%がマニュアル仕様になっており、オートマチック車が大半を占める日本自動車市場の中でも、珍しいシリーズですが、スイフト・シリーズ全体(月間約4000台)の20%(月700台から800台)を占める販売数を誇る隠れた人気シリーズです。

新型スイフトスポーツが2007年5月に登場しました。スイフトスポーツがマイナーチェンジされ、2つの大きな改良が加えられました。そのひとつがESP機能の標準装備。ESP機能とは、Electronic Stablity Programのことです。つまりエンジンとブレーキをうまく制御することで、車体の安定走行をサポートします。各タイヤが個別でブレーキ制御がかかるため、特にカーブでの走行時の安定感がアップしました。

次にあげられるのが、ギア比の変更です。スイフトスポーツの魅力のひとつであるマニュアル仕様のトランスミッションですが、今回のマイナーチェンジでスイフトスポーツは、ローギアードされ、パワーアップ感が増しました。以前のスイフトスポーツでは、ギア比が低燃費を意識したハイギヤードだったため、パワー不足感が否めなかったんですが、今回のギア比の変更で、低回転・高速志向のギアが設定され、パワー不足感を解消しました。

このような改良点が加えられた新型スイフトスポーツは、エクステリア(外観)だけでなく、インテリア(内観)に開発者のこだわりを見せる自動車です。大きめで、左右からのサポート性を充実させたレカロ仕様のシートや、収納スペースなどの確認や、ESP機能やギア比の違いは、実際に試乗し、実感してみるのが一番です。


RSS関連リンク
新型デミオ
が言っているようですが……まったくないぞ さすが福島ですね 発売になったんだよね?むしろ、発売前から試乗予約しているスズキスイフトスポーツの連絡もきてないぞ ホンダで車探してもらっても、連絡が来ないうちに商談も何もしないうちに店頭に並んでいて

さようならプジョー307 そしてこんにちは207GT
。BMWでミニ、BMW116。マツダでマツダスピードアクセラ。スバルで新しくなったインプレッサS-GT。三菱でコルトラリアートversionR。スズキでスイフトスポーツ。そして、プジョーで207GT。どの車も一長一短でなかなか決まらなかったのですが、5年間お付き合いをしたプジョーに決めて207GT

襲来
っちゃった☆やったね!(←っていうか娘と孫に3,500円しかおこづかいあげない男ってどーよ!?) それでその姉が今ななみーのスイフトスポーツに乗ってお隣の浜田市まで出かけています。ななみーのスイスポちゃんが無事に無傷で戻ってきてくれる
■ ダイヤリーの形式で綴る注目すべき記事 のトップへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。