ダイエット・健康・介護-3カテゴリの記事一覧



スポンサードリンク



脳の病気はどう言う

脳の病気と言えば、どう言うものがあるのでしょうか。意識がなくなったり(昏睡(こんすい))、ものごとが正しく考えられなくなったり(痴呆)します。運動の命令を伝える神経は脳のなかで反対側に交差してから左右の手足に分布するので、病気の起こった側と反対側の手足が麻痺(片麻痺)したりするのです。

では、脳の病気の代表、脳卒中の症状です。脳梗塞ー脳を養う血管が詰まるタイプで、脳卒中死亡の60%以上はこれです。脳出血ー脳の中の細い血管が破れて出血し、神経細胞が死んでしまうタイプで脳卒中死亡の約25%がこれです。くも膜下出血くも膜と軟膜との間にある動脈瘤が破れ、溢れた血液が脳全体を圧迫するタイプで脳卒中死亡の約10%がこれです。

脳卒中や脳梗塞など脳の病気を予防する方法は、その病気を起こしやすくする危険因子(飲酒、喫煙、食事内容、肥満、運動不足など)を改善することで、発症を少なくすることです。そこで、検診も病気の予防に使われます。早期発見早期治療によって脳の病気による死亡を防ぐこともできます。

脳梗塞など脳の病気に、日頃気をつける手軽で簡単な方法は、背の青い魚の油に含まれているEPAの摂取です。これは、血小板の働きを整えて、血栓ができにくくする作用があります。いつも青魚を食べているエスキモー達には、心筋梗塞の発生がほとんどみられないと言う事実がよく知られていますから、脳梗塞にも効き目がありそうですね。


RSS関連リンク
脳ドックとは?脳ドックで脳の病気
脳ドックを賢く利用して脳ドックで脳の病気を早期発見するには?脳ドックの賢い利用法とは?脳ドックの効果と利用方法は?

脳の病気
脳の病気サイトです。脳出血や脳梗塞、くも膜下出血、認知症や脳腫瘍まで脳の代表的な病気とその症状をご紹介致します。脳の病気のチェックにお役立て下さい。

脳の病気
脳の病気脳梗塞とは、それでは、脳の病気の中の脳梗塞とはどんな病気なのでしょか、脳卒中といえば以前は脳内出血が代表的なものでした。しかし、食生活、生活様式の欧米化および高血圧の治療の進歩等によって、現在では脳の血管が詰まったために起こ


スポンサードリンク



整体師の仕事が大変

整体師の仕事が最近大変人気ですが、どのような職業なのかご紹介しましょう。整体師とは、手技や電気・指圧・温熱などを使い、肩こりや腰痛など、体の不調を訴える人に施術し、背骨や骨盤の歪みを矯正することで体全体のバランスを整え、自然治癒力を高める療術業をいいます。整体には決められた施術というものはないので、いろいろな手技療法があり、整体師によって施術の内容は大きく違います。

整体師は、日本では国家資格ではなく、各整体学校や整体協会などが独自に認めている民間資格となっています。現在は、整体師を養成するための専門学校やスクールが全国に数多くあり、授業内容や授業料、学ぶ期間などは学校によってそれぞれ違います。このため、専門学校によって整体施術の技術レベルもかなり差がありますので、学校選びは慎重におこなう必要があります。

整体師の療術は施術者によって違いますが、だいたい次のとおりです。最初に、お客の症状や過去の病歴などをカルテに記入します。そして、問診を行って、さらに細かく症状を把握します。次に、お客の悩んでいる症状を改善するには、どういった施術がよいか決めるために、触診や整体の方法による検査でお客の体の歪みやズレを調べます。そして施術では、整体のさまざまな手技などを用いて、骨や骨盤の歪みやズレを正常な状態に矯正していきます。施術時間は、10分程度から、お客の症状や状態によっては1時間以上かかる場合もあります。

整体師の収入は、個人差があり、一概には言えませんが、仕事をする形態による収入の特徴について紹介します。まず、就職した場合は、一般的には、時給制または歩合給で働くことになります。見習的な面もあり、他のアルバイトと同じような収入になります。開業した場合は、1ヶ月25日営業で、1日患者4〜5名とすると、月100〜125名くらいの総来院数になります。一回5000円の施術料とすると、50〜60万円程度の収入が見込まれますが、賃借料などの経費を差し引いた金額が、実際の手取りということになります。


RSS関連リンク
整体/整体師
整体、整体師、マッサージ、整体学校、スクールなど整体でお困り?カイロプラクティックや整体の情報を紹介

整体を超えた整体 鉄人整
現役の整体師も、これから整体師を目指す方も必見のブログ

整体学校で整体師を目指す
整体学校・整体スクール選びに悩まれている整体師やカイロプラクティック師を目指される人様々な情報や表に出ない情報までお届けします。
■ ダイヤリーの形式で綴る注目すべき記事 のトップへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。